■ごあいさつ
1995年 私が48才の時、140万円の手元資金に友人からの借入と出資で1000万円を集め、5人のメンバーでメイズを興しました。幸いに多くの皆さんのご支援を頂き、初年度より黒字を計上し、以来紆余曲折はあるものの今日まで黒字を継続維持して参りました。心がけてきたものは「付加価値を有する技術者集団」、そして「一括対応が出来る組織」、また「驕りと油断」・「マンネリ化」の禁物でした。そのために、社内外のセミナーを活用した教育、ソフトウェアコンクール、社員が選ぶメイズ賞、新規分野への挑戦、シンプルでフラットな組織、加点法による評価、社長面談、先を見越した資金繰りとバランスの取れた借入、等々の施策を行って参りました。ますます厳しくなる日本、そして生き残っていくためには、顧客視点で、顧客に満足して頂けるシステムのご提供のために、一層個々人のブラッシュアップを図り全社挙げて対応して行く所存です。

代表取締役 大橋 至

 

■ビジョン・理念
どんな荒れ果てた大地でも元気に育つトウモロコシ。古代から人間と共存して貴重な食料源となり、燃料となり、時には衣類となり、またポップコーンのようにはじけとんで私たちを楽しませてくれます。そんな愉快なパワーを秘めたトウモロコシにちなんで、社名をメイズとしました。進化・変化を続けるソフトウェア業界の中にあって、いつでも力強くはじけ、拡がり、どこまでも育っていく。そんな企業を目指しています。

Individual(創造性や遊び心に満ちたシステム開発・システム提案)
Independent(大きな組織の一部ではなく、小規模ながらもコミュニケーションの取れた組織)
International(ネットワークを介して全世界がビジネス対象)
それがメイズの事業コンセプトとなる3つのキーワード。各種産業分野を対象に、オープン系・Web系を中心とする開発業務からオリジナルパッケージ商品開発販売まで、また、介護ビジネス(デイサービス)、観光ビジネスと多彩に事業を展開しています。